カメムシの画像

虫は暖かい季節になると現れ、寒い季節にはいなくなるというイメージがあり、虫がいなくなる季節は寒い冬なんだと思っている人も多いのではないでしょうか…。しかし、実際に虫がいなくなる気温は存在しないので季節関係なく現れるのです。

虫の中には人に害を与えるものもいるので、小さなお子様がいる家庭やアレルギー持ちのお子様がいる家庭だと心配になりますよね。そこで、虫がいなくなる季節が存在しない理由やとくに注意してほしい場所、駆除する際の対策を紹介します。大切なお子様に被害を加えさせないためにも今すぐ知っておきましょう!

家の中にも虫が発生…虫がいなくなる気温は存在しない理由とは

エアコン

虫は変温動物で、成虫だと−3℃から45℃までの環境以外では死滅してしまうと言われています。では、なぜ虫がいなくなる気温が存在しないのでしょうか…。

家の中は人間と同じく虫も快適空間

虫は前途でも申した通り、30℃を超えると活動がだんだん鈍くなります。35℃以上の気温が続く猛暑の中では、活発に動き回ることができないので人に害を与えません。

しかし、現在の家は暖房や冷房が付いているため、気温約20~25℃・湿度60%程度の設定が可能で住みやすい空間を保つことができます。人が住みやすい環境は、虫にとっても快適な環境となり、屋外の気温と関係なくなるので虫がいなくなる気温は存在しないと言えるのです。

家に住みついている虫とは

家の中にいる虫は「ダニ」「ゴキブリ」だけでなく、「イガ」「カツオブシムシ」などの衣類害虫のほか「コクゾウムシ」「メイガ」と呼ばれるお米を食べる虫、小麦粉などの穀物や乾物を食べる「シバンムシ」、古本などに発生する「チャタテムシ」などがいます。

害虫の侵入経路はさまざまですが、窓や排水溝から入ってきたり、洗濯物や人の服に付着したりして外から室内に侵入します。害虫は暗いところを好むのであまり見かけないかもしれませんが、どの家庭にもいる可能性が十分にありますね。

肉眼で見えにくい虫のいそうな場所とは…注意したい3つの場所

和室と布団

家の中は虫がいなくなる気温は存在しないので、人に害を与える虫には日頃からしっかり防虫対策を行うことが必要です。虫のエサがある場所や暗い場所、気温20~25℃で湿度60%程度の快適な場所は注意しましょう。

清潔にしておきたいキッチンをチェック

キッチンは、お米を食べるコクゾウムシやメイガ、穀物などを食べるシバンムシ、コナダニやゴキブリなどさまざまな害虫が発生しやすくなります。生ゴミや食材が害虫のエサになるので、キッチンは常に清潔を心掛けましょう。食品を密閉したり、冷蔵庫に入れたりするなど保存方法の工夫が大事です。米を保存する際は米用の防虫剤を利用すると良いですね。

休まる場所のリビングや寝室をチェック

人の垢やフケなどが溜まりやすい枕や布団、ラグなどはダニが発生しやすい傾向にあります。布団には乾燥機を使ったり、天日干しをしたりするなどをして水分を飛ばして湿気対策をするようにしましょう。また、布団を収納する場合は除湿剤を使って湿度を下げる方法も有効となりますので実践してみてくださいね。

衣類をしまうクローゼットをチェック

クローゼットなどの収納場所で注意したいのは、イガやカツオブシムシといった衣類を食べる虫です。衣類害虫は、屋外に干した服などと一緒に卵として家の中に侵入することもあり、そのままクローゼットにしまうと卵が孵化し、幼虫になって衣類を食べてしまいます。

保管している間の被害回避には、しまう前に表面をブラッシングして卵をはらい、衣替えの際は、防虫剤を使用すると良いでしょう。

虫がいなくなる気温が存在しないなら駆除専門業者に任せるべき

タブレットを見る女性

家の中は虫にとっても快適空間となり、季節が関係なくなるので虫がいなくなる気温が存在しません。その上、防虫対策をしたのに虫が出てくるのは何故なのでしょうか…。

市販の薬剤だと効果が薄いこともある

害虫には、市販の薬剤に耐性を持つものがいます。従来の駆除には、虫の神経に作用するタイプの殺虫剤が使われてきましたが、多く使用されてきたせいでこのタイプの殺虫剤に耐性を持つ害虫が増えてきてしまったのです。このような害虫を駆除するには、まだ耐性を持っていない殺虫剤を探す必要があるので非常に手間がかかってしまいますね。

駆除専門業者には知識豊富なプロがいる

一方で、さまざまな薬剤を取りそろえたプロであれば、効果的な殺虫剤を選んで迅速に駆除することができます。また、害虫の生態に詳しいプロであれば、事前の調査で害虫の位置を特定して退治してくれますし、再発防止のケアもしてくれます。

人に害を与えない虫のいない環境を作りたいのであれば、駆除から予防までしてもらえるプロに依頼したほうが確実ですよ。

まとめ

毛虫

現在の家は暖房や冷房が付いているため、気温約20~25℃・湿度60%程度の設定が可能で住みやすい空間を保っています。この快適な環境は、虫にとっても住みやすい環境となってしまうので、虫がいなくなる気温は存在しないと言えるのです。

防虫剤や殺虫剤などで対策を練っていかなくてはなりませんが、市販の薬剤に耐性を持つ害虫がいるので完全に処分するのは難しくなっています。そこで、害虫のプロである駆除専門業者にお任せしてみてはいかがでしょうか。駆除専門業者だと駆除から予防までしてもらえるので安心ですよ。