庭の害虫を対策

庭で花や木を育てている人なら誰しもが害虫に困ったことはあると思います。害虫駆除が苦手で対策をしたいという方も多いでしょう。殺虫剤を使うという手もありますが、育てている花や木に悪影響を与えてしまう恐れもあります。

ガーデニングをしている人なら、殺虫剤を使わずに害虫を対策できるのが理想だと思います。では、どうしたらよいのでしょうか?

これから、庭でよく見る害虫の種類や危険性、害虫対策の方法について紹介します。

庭でよく見る害虫の種類と放っておくと危険な3つの理由

ケムシ

アオムシ

アオムシは蝶や蛾の幼虫の中で、毛やトゲの生えていない虫の総称です。植物の葉っぱのやわらかいところを食べてしまいます。1日で植物全体が食い荒らされるというケースもあります。

ケムシ

アオムシは蝶や蛾の幼虫の中で、毛やトゲの生えている虫の総称です。アオムシと同様に植物の葉を食べます。チャクドガやイラガなど毒があるものもあり、触らないように気を付けましょう。

特にイラガは刺される猛烈な痛みを伴う危険な害虫です。見つけたら自分で駆除するのではなく、害虫駆除業者に依頼しましょう。

アブラムシ

新芽や茎、葉にくっついて植物の栄養を吸い取り枯らしてしまいます。また、アブラムシの排泄物はすす病といって葉や茎が黒くなってしまう病気になります。急に植物が枯れてしまうということはありませんが、光合成がしにくくなって徐々に植物が弱ってしまいます。

クサギカメムシ

クサギカメムシに汁を吸われた葉っぱや茎、果実は腐ったり、変な形になってしまったりします。そして何より臭いです。直接触ってしまうと、くさい臭いが手にこびりついてしまうので気を付けて駆除しないといけません。

蚊やコバエ

庭だけでなく、家の中にも入ってきて困りますね。植物を直接病気にするというよりは人に対して被害を被ります。特に夏など気温が高いと発生しやすいです。

とにかく大量発生するので、増えると駆除するのがとても大変です。

すぐにできる!庭の害虫を手軽に対策する3つの方法

草むしり

庭の害虫対策はどのように行えばよいのでしょうか?今からでも始められる簡単な対策方法を3つ紹介します。

落ち葉や雑草の掃除をする

落ち葉や枯葉は害虫にとって住みかにもエサにもなるので、そのままにしておくと害虫が発生して植木の食害・病気の原因になります。落ち葉や枯れ葉は定期的に掃除し、綺麗な状態を保ちましょう。

害虫は育てている花木だけでなく、雑草にも寄り付くので除去しましょう。雑草は土の養分を吸ってしまい、育てている植物が栄養不足で枯れてしまう原因にもなります。

h3 水たまりができないようにする

蚊やコバエなどは水たまりに卵を産みます。そこから大量発生してしまうので、水たまりを取り除くことが大事です。

植木鉢の受け皿にたまった水を捨てたり、水が入ったバケツやジョウロなどをそのまま放置しないようにしましょう。散水用の水を汲み置きしている人は、定期的に水を入れ替えるようにしましょう。

植物の葉や茎の状態をチェックする

害虫は植物の葉や茎にくっついて、葉や茎を食い荒らしたり、病気にしてしまったりします。なので定期的に育てている植物の状態をチェックすると良いでしょう。

すでに虫がついている場合はその場で取り除けます。虫が見つけられなくても、葉や茎が食われた後があれば、今後も注意深く植物をチェックしたり、対策をしたりすることもできます。

変色や変形が見られる場合は、病気にかかっている可能性もあります。もし、そのような箇所があった場合は患部をハサミなどで切り病気が広がらないようにしましょう。また、病気にあった薬剤をまくと対処と予防につながります。

庭に害虫が発生してどうにもできないときは業者に頼ろう

ハチの巣

自分だけでは手に負えないくらい庭に害虫が大量発生してしまったら、業者に頼るという手段もあります。

害虫駆除の業者であれば、植物に負担をかけることなく害虫の駆除や害虫対策の消毒をしてくれます。また、今後、害虫が増えないようにするアドバイスをもらうこともできます。

害虫駆除業者に依頼する際は、先に見積もりを取ってから駆除をしてもらいましょう。中には悪質な業者もあり、処置をしたあととんでもない額を請求されるケースもあります。

まとめ

花とテントウムシ

庭にはアオムシやケムシ、アブラムシやカメムシ、蚊やコバエなど様々な発生することがわかりましたね。

殺虫剤に頼らず庭の害虫を対策するためには、落ち葉の掃除や雑草の除去をすることが大切です。また、水たまりができないようにしたり、植物の葉や茎の状態を定期的にチェックしたりすることもしましょう。

自分の手に負えないほど、害虫が発生してしまったら業者に頼るのもありです。しかし、できるならそこまでひどくなる前に対策をしておいた方がいいと思います。

あなたの大事な花木、そして日常生活を守るためにも日頃から害虫対策をしておきましょう。