WP-アイキャッチ_

ほとんどの人はコウモリを見る機会が少ないでしょう。そのため、あまり知識がない人も多いです。

では、コウモリに危険性はあるのでしょうか?血を吸うという噂は本当なのでしょうか?

この記事で詳しく解説していきます。

日本に良くいるコウモリは?

世界には様々なコウモリが生息していますが、日本に生息しているコウモリはアブラコウモリと呼ばれる種類です。

人家に住み着くこともあるのですが、大体はこのアブラコウモリです。
アブラコウモリの特徴は、群れで行動するということです。

体長4~5センチ程のコウモリが群れで飛び回っているとどこか不気味な雰囲気を感じさせます。
また、かなり小さい穴からも侵入することがあるため、屋根裏などに住み着いていることもあるのです。

基本的に夜行性ですので、夕方くらいから餌を求めて活動を始めます。
コウモリはエコーロケーションという何とも優れた能力を持っています。
具体的には、超音波を放ち、獲物に当たり跳ね返ってくるまでの時間を計算して、獲物との距離を測るという能力です。

鳥類だと勘違いする人もいますが、空を飛び回ることができる哺乳類ですので、実は珍しい生き物だということが分かります。

コウモリの危険性は?

では、そんなコウモリに危険性はあるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、直接的に攻撃をしてくることはほとんどありません。
家に入ってくると、攻撃されるのではと不安になってしまいますが、大体はコウモリの方がパニックになっていますので、激しく室内を飛び回るだけです。

しかし、恐ろしいのはこれから解説する間接的な危険性です。

糞に付いている病原菌

コウモリのフンにはかなりたくさんの病原菌が付いている可能性が高く、感染症やアレルギーの原因となってしまうのです。

コウモリというのは、どこでもフンをまき散らしますので、感染症のリスクが高くなるのです。

また、中には直接触らなければいいと思っている人がいますが、フンが乾燥するとホコリなどと一緒に舞い上がります。
そうなってしまうと、人間が吸い込んでします可能性もあり、そこから病気になってしまうこともあるのです。

ダニ

続いてはダニ被害です。

コウモリにはダニが寄生している可能性が高く、人間に移してしまうことがあるのです。
過去には、マルヒメダニがコウモリから人間にうつったという事例もあり、このダニが様々な病気の原因になる可能性があるのです。

コウモリは血を吸うの?

ドラキュラなどのイメージから、コウモリが血を吸うと思っている人もいます。

確かに、海外に生息するコウモリの中には、吸血コウモリがいますが、日本に生息しているコウモリは血を吸いません。

コウモリから狂犬病がうつるって本当?

また海外のコウモリから狂犬病が移ってしまうということはあり得るのですが、日本ではあまり心配する必要はありません。
というのも、日本には狂犬病の病原菌もエボラウイルスの病原菌もないからです。

そのため、日本のコウモリが狂犬病などを持ってくるということは考えにくいです。

コウモリを追い出す時にしてはいけないこと

コウモリが仮に家に入ってきたとしても、絶対にやってはいけない追い出し方があります。

触る

まずは先ほども解説した、素手で触るという行為です。

これをやってしまうと様々な病気の原因となってしまうため、頑丈なゴム手袋などをすることが大切になります。
とはいえ、初心者が素手で追い出すというのは、かなり難易度が高いと思いますので、基本的には直接触らずに追い出すようにしましょう。

傷つける

コウモリを傷つけたり殺すのは、法律違反となっています。
日本には、鳥獣保護法があり、違反すると一年以下の懲役または100万円以下の罰金となってしまうのです。

そのため、コウモリを追い払うためには、殺さず、傷つけずということを意識しましょう。

どうしてもだめなら業者に依頼しよう

全くコウモリの知識がない人が追い出そうとすると、誤って傷つけてしまったり、殺してしまったりする可能性もあります。
また、コウモリを気遣うあまり、中々追い出せなくなってしまうこともあります。

そのため、どうしても自分で対処できない場合には、駆除業者に依頼をすることをおすすめします
そうすることで、専門的な知識とスキルを持ったスタッフが安全且つ確実に駆除をしてくれるでしょう。
そして、消毒などもしてくれるので安心です。

まとめ

コウモリには直接的な危険性はありませんが、間接的な危険性があります。

そのため、家に侵入してきたり、家の周辺を飛び回っていたりするようであれば、すぐに追い払うことをおすすめします。

自分で追い払うことも可能ですが、素人が追い払うのは比較的難易度が高いため、上手くいかない場合には業者に依頼をすることをおすすめします。
そうすることで、業者が全て作業を行ってくれるため、離れた場所から見ているだけで完了してしまうでしょう。