クリスマスの画像

冬はゴキブリなどの害虫が夏に比べて出にくいと言われています。基本的に虫は冬になると寒さで死に絶えるか、冬眠して冬を越すかの2択で、前者の種類の方が多いと言われています。

しかし、なぜか我が家では冬でも普通にゴキブリが出て困っている方もいると思います。一般的にゴキブリは寒さに弱いですが、温かい場所を探して移動するので基本的に死に絶えません。

家の中は温かくて当たり前なので仕方がありませんが、ゴキブリを増やさない予防方法や撃退方法があります。これから、冬でもゴキブリが出る家の特徴、冬ならではのゴキブリの撃退方法を紹介します。

ゴキブリも普通の虫と同じで冬眠をします。基本的に冬眠をする虫は寒さをしのげる落ち葉や石の下でじっとしています。

例えば、ダンゴムシは冬の間、石の下や土の中で丸くなっています。アオムシからサナギ、そして蝶や蛾となる虫は、成虫は死に絶え、サナギが春になると成虫になります。種類によっては成虫のまま冬を越すものもあります。

しかし、家の中で冬を越すゴキブリの場合は違います。基本的に家の中は温かいので活動を続け繁殖することができます。とは言っても、外出中など暖房を使わない時は室内とはいえ寒いので夏より冬の方が動きが鈍いですし、繁殖力も弱まっています。

ですから、夏場より冬の時期の方がゴキブリを発見したとき逃げられずに撃退することができる可能性は高いです。とはいっても、個体によって差があるので冬でも素早いゴキブリも中にはいます。

ゴキブリは冬こそ!潜んでいるところ徹底的に掃除して撃退しよう

家の中のゴキブリは冬でも活動し続けます。しかし、ゴキブリが弱っている今こそ撃退するチャンスです!また、冬ならではのゴキブリが増えないように気を付けなければならないこともあります。では、冬のゴキブリの撃退方法としてどんなところに注目すれば良いのでしょうか?

冷蔵庫や電子レンジの裏を掃除しよう

ゴキブリは冷蔵庫や電子レンジなどの家電の裏側を好みます。家電製品は熱を発するので暖房を付けていなくても温かくゴキブリにとって住み心地のよい場所です。

また、家電製品の裏は掃除する機会がほとんどなく、ゴキブリの餌となるゴミやホコリがたまりやすいです。そして巣を作るのにもとてもよい場所です。

冷蔵庫などの大型家電を動かすのは大変ですし、ゴキブリの巣を発見して驚いてしまうかもしれません。しかし、一年の汚れを掃除すると思って重い腰を上げて掃除してみましょう。

窓など結露しないようにしよう

冬は外と家の中の気温差で、窓などが結露しますね。ゴキブリは暗くてジメジメとした場所を好みます。ゴキブリが洗面台下や排水溝に住みつくのは湿気が多く、不衛生なため汚れやカビなどを餌にできるからです。

もし窓に結露ができていたら、結露がなくなるまで換気するようにしましょう。冬は乾燥も気になるところですが、結露するほど湿度を高めなくてもよいです。

また冬に限ったことではありませんが、水回りなど常に水滴がついている場所は使い終わったらふき取るようにしましょう。水垢の帽子にもつながります。

ゴキブリを何度退治しても出てくる場合は業者に頼もう

家電の裏を掃除したら大量のゴキブリを発見して怖くて掃除できなかった、ゴキブリを何度退治しても出てくるという方もいらっしゃると思います。

そんな、自分でゴキブリを退治するのが難しい人や、ゴキブリの発生源を見つけられない人は害虫駆除業者に依頼すると手っ取り早くて良いです。

ゴキブリごときに害虫駆除業者を呼ぶのは大げさじゃないかなと思う人もいるかもしれません。しかし、ゴキブリを放置していると健康上の問題も発生します。

ゴキブリは食中毒を引き起こすサルモネラ菌や赤痢菌、チフス菌を持っています。ゴキブリは家の中のありとあらゆるところを動き回り、知らず知らずのうちに食中毒になってしまうことも考えられます。

また、ゴキブリのフンや死骸が呼吸の際に体内に取り込まれて、喘息やアレルギーの原因になることもあります。

まとめ

ゴキブリは家の中が温かいため冬でも活動や繁殖をし続けます。部屋の中が温かいとはいえ、冬は寒いので動きが鈍かったり、繁殖力が弱まっていたりします。

ゴキブリが弱っている今だからこそ撃退しましょう。気を付けるポイントとしては、家電の裏など普段掃除しない場所を掃除しましょう。また、冬は外気と室内の気温差で窓などに結露が発生するので、換気をしっかりしましょう。

今年の汚れと害虫は今年のうちにきれいにし、素敵な新年を迎えましょう。